インタビュー ドキュメンタリー

インタビューを撮影する直前に、相手に伝えておくべき3つのことは?

投稿日:2019-01-04 更新日:

短編ドキュメンタリーなどを作ろうとしたときに、インタビューの撮影をすることってありますよね。

僕も、短編のドキュメンタリーを作っているのですが、ストーリーを進めるためにインタビューを入れることがよくあります。撮影だけではなく、インタビュー自体も一人でやるのでいろんなチェック項目が必要となります。

今回は、インタビューを撮影する直前に、相手に伝えておくべき3つのことをお話ししますね。



スポンサーリンク

インタビューの前に伝える3つのことはなーに?

①どこを見ればいいのか目線の位置を伝えよう!

インタビュー撮影をする前に、どこを見て話せばいいのかを伝えることが大切です。

僕がインタビューする人は、有名人ではなく一般の人で、インタビューをされたことも、カメラの前で話したこともない人がほとんどです。

なので、どこを見て話をするといいのか、きちんと伝えるといいです。

目は緊張がでる場所の一つです。どこを見て話すのかを伝えないと、多くの人は目がキョロキョロと動いてしまい、話の内容よりも緊張感だけが伝わる映像になってしまいます。

なので、どこを見て話すといいのかを伝えることで、相手の不安の一つを取ってあげるといいでしょう。

5回に1回くらい、インタビューをする相手の方からも「どこを見て話したらいいですか?」とか、「カメラを見て話すんですか?」と聞かれます。どこを見て話せばいいのかは、インタビューを受ける側にとっても知りたいことなのです。

あなたの撮影のルールによって、どこを見ればいいのかを伝えてあげるといいです。僕は、カメラの横にすわってインタビューをするので、カメラではなく、僕を見て会話するようにお願いしています。

いいインタビューを撮影するには、インタビューをする前に、どこに視線を置いて話すといいかを伝えることが大切です。

②話す前に少し考えてもいいことを伝えよう!

さっきも言ったように、僕がインタビューをする人のほとんどが、インタビューを受けたことがありません。

そういう人にインタビューをすると、こちらの質問が終わるや否や、話し始めないといけないと思っていることがあります。野球とかスポーツのヒーローインタビューのようなイメージがあるのかもしれませんね。

ヒーローインタビューなんかは、生放送だったり、放送時間も限られているので、すぐに答えている印象がありますね。でも、僕がやっていることはあとでじっくりと編集するものです。

思ったことをスラスラと話せる人はいいのですが、みんながみんな自分の考えていることを、すぐに自分の言葉にできるわけではありません。

すぐに話し始めたけども、途中で言葉に詰まってしまうことはよくあります。

だから僕は、「すぐに答える必要はないので、ちょっと考えてから話していいですよ」と伝えています。いいインタビューを撮影するということは、相手が少しでも話しやすい環境を作ることから始まるのです。

インタビューの前に、答える前に少し考えてもいい、ということをしっかり伝えて見ましょう。

③ピンマイクを叩かないようにすることを伝えよう!

僕は、インタビュー撮影をするときには、ピンマイクをつけてもらって音声の録音をします。

テレビでも出演者がピンマイクをつけているのを見ますよね。あれをつけてインタビューを撮影すれば、音がきれいに録音できます。

ピンマイクは大体、首の下あたりにつけるのですが、インタビューを受ける人が、話の中で自分の胸のあたりを叩くことがあります。

感情が高ぶったときに、胸のあたりをポンポンポンと叩きながら話したりするのですが、そういうシーンはなんとなく想像つきますよね。

そういうジェスチャーをしているときには、いい話していることが多いのですが、さっきも言ったように、ピンマイクが同じ場所にあるので、結構大きな音で「ボンボンボン」とマイクを叩く音も入ってしまいます。

結局のところ、音も悪くなるので使いづらいシーンになってしまうのです。

感情のこもったすごくいい話なのに、マイクを叩いた音によって使えなくなることも多いです。

なので、あらかじめマイクがそこにあること、そしてマイクを叩かないように伝えておくことは大切です。

結局のところ、マイクを叩かないように伝えても、マイクを叩いてしまうこともあるのですが、それは諦めるしかないですね。別のマイクを使うしかないです。

まとめ

今回も、インタビュー撮影をする人という極めて少ない層に向かってお話ししましたが、誰かに届いたでしょうか?

他にもチェック項目があるのですが、少しでもあなたの撮影の参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク







-インタビュー, ドキュメンタリー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

インタビューを録音するために何が必要なの?

「インタビューを使った映像を作りたい!」とか、「ドキュメンタリーを作ってみたい!」と思ってる人はいますよね。   どんなカメラを使えばいいかっていう話は、わりといろんな人がしていて探しやすい …

no image

インタビューを録音するためのマイク(初級編)

「映像の中にインタビューを入れたい!」とか、「ドキュメンタリーを撮影したい!」と思っている人はいますよね。 前回は、そういう人のために「インタビューを録音するためのマイク」という記事を書きました。 僕 …

no image

インタビュー撮影を2台のカメラでする理由は?

僕はインタビューの撮影の時に、2台のカメラを使って撮影しています。 なぜ2台のカメラでインタビューを撮影したほうがいいのでしょうか?これには、3つの理由があるんです。 これからドキュメンタリーや、イン …

no image

2台のカメラでするインタビュー撮影のマイナス点はなに?

前回のブログでは、インタビュー撮影に2台のカメラを使う理由をお話ししました。なぜ、2台のカメラで撮影をすることがいいのかが少しはわかってもらえたのではないかと思います。 でも、物事にはなんでもいい面と …

アーカイブ

カテゴリー