SONY a7iii カメラ

Canonの一眼レフからSONY a7iiiに変えるときに考えることは?

投稿日:2018-03-17 更新日:

2018年3月にSONYのエントリーレベルのミラーレスカメラ、SONY a7iiiの発表がありました。

 

性能はめちゃくちゃ良くなっているし、値段も23万円と自分自身が考えている予算に落ち着くのですごく考えてしまいます。

 

このSONY a7iiiの登場で、これまでCanonを使っていた人も、SONYのミラーレスに乗り換えることが増えるかもしれませんね。

 

僕自身も、かなり気持ちが揺らいでいます。Lumix GH5も考えたけども、こっちの方がいいような気が。

 

実際に、僕が動画撮影のカメラとして使っているCanon 7D Mark2と比べて、SONY a7iiiのどこがいいのかを考えてみました

 

(予算が限られているので、買うかどうかを決める前に、こういうことをひたすら繰り返します。)

 



スポンサーリンク

SONY a7iiiのこんなところがいい!

4Kで動画撮影ができる。

APS-Cで4K動画が撮影できないCanon 7D Mark2と比べると、SONY a7iiiは4Kの動画撮影ができることは、まず大きな違いです。

 

4Kは、本当に画質がいいですからね。撮影者の技術とは関係なく、ちょっと見ただけで画質の違いはわかりますよね。

 

4K動画は、データサイズが大きくて、編集をするときに面倒だと聞くので、使う予定はあまりないです。

 

でも、これからの数年を考えると、4K動画は当然カメラに入っていないといけない要素です。

 

120FPSで撮影ができる。

個人的に、カメラを変えてやって見たいことに、スローモーション撮影や、タイムリマッピングがあります。

 

タイムリマッピングは、普通のスピードの動画からスローになったり、倍速になったり、映像のスピードを編集で自在に変えることを言います。

 

Canon 7D Mark2には、60FPSまでしかなかったので、そういった撮影機能がありませんでした。

 

SONY a7iiiは、120FPSでの撮影ができるので、そういうことが可能です。

 

120FPSに設定ができるのであれば、スローなどでちょっとカッコいい映像表現ができると思います。

 

これまでのSONYのカメラとは大きく違うのは?

まずはバッテリーの問題が解決!

正直なところ、SONYのミラーレスでこれまでの話題になったカメラはたくさんありましたよね。

 

でも、そこまで魅力に感じなかったのは、バッテリーに問題があったからです。

 

SONYのミラーレスは、これまでバッテリーの減りが早くて、1日の撮影に何個もバッテリーを持っていなければいけませんでした。

 

そのため、いくら画質が良くても興味を持つことはありませんでした。

 

そのバッテリー問題は、今回のSONY a7iiiで解決されたようです。

 

このバッテリー問題が解決したのであれば、CanonからSONYへの変更を躊躇する理由が少なくなったのは事実です。

 

オーバーヒート問題も解決!

これまでのαシリーズは、撮影中にカメラのボディが熱を持つ、オーバーヒートという問題がありました。

 

撮影中にカメラが熱くなるようだと、かなり使いづらいですよね。

 

これがa7iiiでは解消されたようです。

 

Canonでは起こらない現象なのでどんなものなんでしょう。

 

バッテリーとオーバーヒートという二つの問題が解決したので、かなり信頼度の高いカメラになったといっていいんじゃないでしょうか。

 

CanonからSONYへのまだ残る問題点は?

これまでの数年間を使ってきたというCanonの一眼レフへの愛着感は相当なものがあります。

 

でもそれ以外で、SONYへ転向することで起こる問題点はなんでしょう?

 

レンズをどうしよう?

カメラをCanonからSONYへとメーカーごと変えるときに問題になるのは、レンズをどうするかです。

 

SONYのレンズをこれから買い集めるのもお金のかかりますよね。

 

一番手っ取り早いのは、アダプターをつけて、Canonで使っていたレンズをそのまま使うことです。

 

多くの人がオススメしているのはSigma MC-11

 

CanonのLシリーズは、これを使えば、フルサイズ用なので使えます。

 

でも、それ以外のAPS-C用のレンズはお役御免となってしまいます。

 

特にお気に入りだったSigma 30mm F1.4と、広角レンズのTokina 11-16mm F2.8が使えなくなるのは大きな痛手です

 

これまで投資してきたレンズが使えなくなるのは、もったいないのでカメラの変更は大きな挑戦になります。

 

買ってみて初めてわかったのですが、この部分は完全に間違いでした。

 

設定が変更できて、SONY a7iiiでもAPS-Cのレンズは使えます。レンズが無駄になることはありません。

 

まとめ

SONY a7iiiは、多くの点で文句のつけられないカメラになっていますね。

 

本気で乗り換えを考えてしまいます。

 

はっきりと言ってしまえば、早くCanon 7D Mark3を発表して欲しいです。

 

もし発表されてスペックがわかれば、SONY a7iiiとの比較ができるし、そもそもSONYのミラーレスに積極的に変えたくないのに、変更せざる得ないのは、Canonのカメラが更新されないから。

 

年内に発表されるという噂があるけども、そろそろカメラの替え時なんですよね。

 

どうしたもんでしょう。

スポンサーリンク







-SONY a7iii, カメラ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカのYoutuberが最近使っているカメラはどれ?

自分自身のカメラを買い換えようといろんな海外のサイトを見ていると、アメリカのYoutuberが最近買い換えたカメラがあることがわかりました。   そのカメラは、意外と言っては失礼ですが、20 …

ミラーレス一眼の「マイクロフォーサーズ」とは?

最近は、パナソニックやオリンパスのミラーレス一眼で動画を撮るのが流行っていますね。   特に、Lumix GH5とかGH5sなんかの動画を見ていると、ものすごくきれいだなーと感心してしまいま …

Canonデジタル一眼レフでの動画撮影、ジャイアン・リサイタルでの「音割れ」はどう対処すればいいの? / Canon EOS 7D Mark IIの場合

スポンサーリンク 目次1 デジタル一眼レフの動画撮影、音が割れるときの対処法は?1.1 ジャイアンのリサイタルから考える「音割れ」2 簡単な録音設定の方法2.1 ①メニューから「録音」を選ぶ2.2 ② …

はじめてのユーチューバーには、一眼レフとコンデジはどっちがいいの?

最近だと、高校生や大学生になったら、ユーチューバーになってみたいって人が結構いますよね。   Youtubeに否定的な大人も少なくはないですが、自分で作った映像をインターネットにアップして、 …

立ち会い出産での撮影、絶対に失敗しないための3つのこと

出産を間近に控えて、新しい家族ができる楽しみと、本当に生まれてきてくれるのかなという不安な気持ちが入り混じっていますよね。   最近では、立ち会い出産を選ぶ夫婦が多いようで、新米パパは奥さん …

アーカイブ

カテゴリー