レンズ

「キットレンズは買わない方がいいの?」その理由ってなんですか?

投稿日:2017-08-24 更新日:



スポンサーリンク

質問「一眼レフを映像制作で使ってみたいのです。キットレンズは安いのですが買っても問題ないですか?」

 

一眼レフカメラを買って動画撮影をしようと思った時に、どのレンズを買えばいいのかすごく悩みますよね。でも、キットレンズって動画制作にはどうなんでしょう?写真撮影には、あんまりオススメしないと聞くんですが、動画撮影に使うときでもそれは当てはまるんでしょうか?

 

僕は、2011年から一眼レフカメラで映像制作の仕事をしています。海外の映像系のBlogを読み漁っていたところ、映像制作にもキットレンズをオススメしないという記事をたくさん読んだのでキットレンズは買いませんでした。

 

あれから、6年がたち、自分の経験からも、なんでキットレンズが映像制作に向かないのか理由がわかってきました。「キットレンズ=ダサい」という感覚的なものではなく、もう少し具体的な3つの理由があります。

 

①キットレンズは、一眼レフ特有のボケ味が出せない!

一眼レフでの動画撮影が世界的に流行した理由の一つとして、背景がボケる映像が撮れるというのが大きな理由の一つだったと思います。あなたはどういう風にすれば背景がボケるのか知っていますか?正直に言えば、当時の僕は背景をボケさせるにはどうすればいいのか知りませんでした。もしあなたが知っているならば、この時点で僕よりも知識がありますね。

 

簡単な話ですが、背景がボケるように撮影するには、背景がボケるレンズが必要です。背景がボケるレンズを持っていれば、どのカメラを使っても背景はボケます。カメラが背景をボケさせるのではなく、レンズが背景をボケさせるのです。

 

「背景がボケるレンズ」ってどんなレンズでしょうか?

背景をボケさせるには、F値が小さいレンズが必要です。F値は、絞りとも呼ばれます。僕は、ビデオカメラを使っている時にF値なんかを気にしたことがなかったし、そもそも存在すら知りませんでした。

 

レンズによって、最小のF値が変わってきます。F値の最小が、例えばF1.4〜F2.8くらいであれば、一般的にF値が小さいレンズといえます。最小のF値がF4とか、ズームレンズであれば、ズームしたときの状態でF3.5-F5.6まで最小のF値が変わりますよというレンズあります。最小のF値は、レンズによって全て違うんです。

 

とにかく、F1.4とかF2.8とかで撮影することができるレンズで撮影した時に、ボケ味がある映像が撮影できるのです。キットレンズの最小F値は、F3.5くらいでしょうか。これでもボケることはボケます。でも、F1.4とかF2.8のレンズで撮影した時のボケ味はこれよりも全然違います。

 

なんで、F値が小さいレンズを「明るいレンズ」っていうの?

F値が小さいレンズを、「明るいレンズ」と呼んでいるのを、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。F値が小さいレンズは、絞りが開放しているので、光がたくさん入ってきます。なので、暗い部屋などで撮影をしても、少しの明かりできれいに撮影できるのが明るいレンズ(F値が小さいレンズ)の特徴なんです。

 

業務用のビデオカメラで撮影していた時には、レンズを交換することもなかったので暗い場所で撮影するときには、ライトをつけるか、編集で画面の明るさを変更するしかありませんでした。ライトを設置するには手間も時間もかかりますし、編集で無理やり明るくすると映像にノイズが入ります。こういう問題を、全て解決してくれるのが「明るいレンズ」です。

 

繰り返しになりますが、キットレンズはF値があまり小さくないです。最小F値がF3.5だとボケ味もそこですし、暗いところでの撮影でもあまり効果はありません。こうなってくると、なぜ一眼レフにしたのかがよくわからないんですよね。

 

キットレンズではなく、F値が小さいレンズを使うことで、ボケ味のある、暗いところでもはっきり見える映像を撮影することができます。それが、一眼レフがあなたの手元にある最大の理由なんです。これを利用しない限りは、動画撮影に一眼レフを使う理由を理解していないことになりますね。

 

②キットレンズは初心者用のレンズ!その辺の人でも持っている!

キットレンズを買う人ってどういう人が多いでしょうね?ちょっと考えてみましょう!

 

「レンズについてよくわからないからとりあえず」とか、「このカメラに一番合うレンズなんだろう」って考えて買っている人が多いかもしれませんね。カメラを選ぶのにも一苦労だったので、これからレンズを選ぶのが面倒だって人は多いです。

 

人は選択肢が多ければ多いほど、どれにするのか決断するのが難しくなってきます。早めに言っておきますが、「キットレンズは、そのカメラに一番合うレンズ」というのは不正解です。そういうわけでは全然ないです。

 

キットレンズをメーカー側の視点で考えてみよう!

視点をずらして、メーカー側の視点で考えてみましょう。

 

例えばCanonは、レンズを売る時に、あなたがどんな人で、どんな風にカメラを使おうと思っているか知らないですよね。そもそも、動画を撮るために買ったのか、写真を撮るために買ったのかも知る由もありません。なので、わりと何にでも使える無難なレンズをオススメするわけです。それがキットレンズです。

 

運動会で自分の子供を撮影したいお父さんもいるでしょうし、昔からの友達と旅行に行くときの写真を撮りたいおばあさんもいるでしょう。そういう人にとっては、キットレンズはいい選択だと思います。そもそもきちんと撮影できればいいわけです。

 

映像制作に使うとなるとどうでしょうね。そもそも、その辺の人でも持ってそうなレンズを、わざわざ買う必要性はあるんでしょうか?キットレンズは、買う時にはお得に見えるのですが、よく考えてみるとあなたの周りの誰かが持っている確率は高いです。

 

そして、その人がそのレンズをもう使っていない確率も同じくらい高いです。もし必要ならば、そういう人から借りれば済む話です。何にでも使えるようなレンズは、逆に言えば、あなたの要求が高くなった時には、使えないレンズに早変わりします。さっきも言ったようにボケ味が出る撮影もできないし、暗いところでの撮影もできません。

 

キットレンズを買う人は、まだ一眼レフでの撮影の魅力に気がついていません。一眼レフでの撮影の面白さは、レンズを変えることができることです。

 

「弘法は筆を選ばず」と言いますが、選ばなくていいのはカメラのボディです。レンズはいろいろと付け替えて使うことで、全然違う質の映像を撮ることで表現の幅が広がります。

 

③手頃でいいレンズならば山ほどある!

僕も知りませんでしたが、一眼レフカメラのレンズはいろんなメーカーから出ています。純正のレンズは、質の良さは保証されていますが、ほとんどの場合に値段が高いですよね。こういう時には、サードパーティのレンズというのがすごくいいです。

 

サードパーティーというのは、日本語で「第三者」という意味です。例えば、Tokina, Tamron, Sigma, Samyangなどがサードパーティのレンズメーカーということになります。僕も、一眼レフカメラを買うまで知らなかったメーカーばかりですが、かなり物によってはかなり質が高いです。

 

僕がCanon 7Dを買った時に、一緒に購入したレンズは2つあります。一つはSigma 30mmF1.4、もう一つはTokina11-16mm F2.8です。この二つは、買ってから6年くらい経ちますが、いまだに現役で使っていて、お気に入りのレンズです。サードパーティのレンズは、純正に比べると価格がかなり安いです。Canonで同じようなレンズを買うと結構高くても、サードパーティのレンズは手が出しやすいですね。

 

こういうレンズを探して撮影するのが一眼レフでの撮影で面白いところだと思います。

 

以上の3つの理由から、一眼レフで映像制作をするなら「キットレンズは買わない方がいい!」と思います。

スポンサーリンク







-レンズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

一眼レフでの動画撮影用に初めに買った2つのレンズ① Sigma 30mm f1.4!

スポンサーリンク 目次1 質問「一眼レフでの動画撮影をしようと思うのですが、どのレンズを買えばいいのかわかりません。初めて買ったレンズは何でしょうか?オススメがあれば教えてください。」1.1 今だにお …

no image

一眼レフでの動画撮影でビデオカメラみたく撮れるZoomレンズは?Tamron 18-270mm F3.5-6.3!

質問「一眼レフでの動画撮影に、Zoomレンズを買おうと思います。ビデオカメラくらい広い焦点距離のレンズでオススメはありますか?」 一眼レフでの動画撮影では、レンズの交換をすることで映像表現の幅が広がり …

no image

Canon 70-200mmのF2.8ではなく、F4の方を選んだ3つの理由とは!

スポンサーリンク 目次1 質問「一眼レフカメラで動画撮影をしているのですが、そろそろ望遠レンズが欲しいなと思っています。Canon 70-200mmのF2.8ではなく、F4を買ったのはどうしてですか? …

メタボーンズってなに?

Canonの一眼レフから、Panasonic GH5とか、最近発売されたPanasonic GH5sに乗り換えようとしている人は多いですよね。 長年使ったCanonの一眼レフへの愛着はあるけども、どう …

一眼レフでの動画撮影に、「広角レンズ」を選ぶならどのレンズがオススメ?

一眼レフカメラで、動画撮影をするメリットの一つにレンズの交換ができることです。   レンズの交換をすることで、普通のビデオカメラでの映像とは大きく違う、ハリウッド映画のような映像の質感や、画 …

アーカイブ

カテゴリー