Blackmagic

劣化したバッテリーを見分ける方法 – Blackmagic Vide Assistの使い道

投稿日:



スポンサーリンク

Blackmagic Video Assistを使ってバッテリーの寿命を見分ける方法

「LP-E6」のバッテリーは、Canonのデジタル一眼レフやBlackmagic Video Assistを使っている人ならば結構使いますよね。

 

僕も、ちょっと前まではCanon EOS 7D、そして今はCanon EOS 7D Mark IIを使っているのでたくさんのLP-E6のバッテリーを持っています。

 

ただ、カメラのバッテリーとして長年使っていると、バッテリーの劣化が気になってきませんか?僕は先日の撮影で、フルで充電しておいたバッテリーが、あっという間に残量0になって使えなくなり、ものすごく焦りました。

 

はっきり言って、こういう充電型のバッテリーがどのくらい消耗しているのか知る方法ってあまりないですよね。

 

例えば、スキューバダイビングに行くとしましょう(僕は、行ったことがありませんが)。

 

普通の酸素ボンベは30分から1時間持つそうです。でも、あなたの酸素ボンベだけ十分に酸素を入れた状態でも、5分でなくなるか、1時間でなくなるのかわからないんです。

 

こんな酸素ボンベで、あなたは海に潜りますか?

 

さすがに潜らないですよね。しっかりと酸素ボンベが1時間持つことを確認してから海に潜るはずです。

 

撮影のときのカメラのバッテリーにも同じことが言えますね。

本当に大切な撮影のときには、しっかりと使えるバッテリーを用意することが重要です。

 

今回は、撮影用の外部モニター、Blackmagic Video Assistを使って簡単にバッテリーが使えるのか、もう使えないのかを判別する方法をお話ししますね。予想以上に使える方法だと思うので、参考になればと思います。

 

バッテリーがまだ使えるのかを調べる手順

まず、どんなものが必要なのか見てみましょう。

劣化バッテリーを調べるのに必要なもの

  • Blackmagic Video Assist
  • ACアダプター(Blackmagic Video Assistの付属品)
  • あなたが調べたいLP-E6のバッテリー

 

ACアダプターでバッテリーを充電しよう

まず、Blackmagic Video AssistにACアダプターを差し込んで電源を確保してください。

 

次に、あなたがまだ使えるのかを調べたいLP-E6バッテリーを

Blackmagic Video Assistの背面に差し込んでください。

 

この状態でLP-E6が100%充電できるまで放置します。充電にはしばらくかかると思います。この時点で充電がまったく開始されないものは、すでに劣化していると考えてもいいかもしれませんね。

 

充電が100%になったのを確認しよう

充電が完了した頃合いを見て、Blackmagic Video Assistの電源を入れてみてください。

 

充電が100%になったか確認をしましょう。Blackmagic Video Assistの画面の右上にバッテリーマークがあるので、そこをタッチすると大きな画面でバッテリー残量を見ることができますよ。

さぁ、ここからが本番です。

 

ACアダプターを抜いてバッテリー残量をチェック

バッテリーの残量が100%になったのを確認できたら、今度はAC Powerアダプターを抜いてください。そうすると、LP-N6バッテリーだけでBlackmagic Video Assistが動いていることになりますよね。

 

さっきも言いましたが、画面右上のバッテリーマークにタッチするとバッテリー残量の表示が出るはずです。このまま、ちょっと様子を見てみてください。

 

劣化が激しいバッテリーがすぐにわかる

バッテリーが通常であれば、100%から99%になるのに少し時間がかかります。でも、もしバッテリーが劣化していたら、100%からみるみるうちに数字が減っていくのがわかると思います。

 

このバッテリーはかなり劣化しているのか、最初のたった30秒で57%にまで減りました。そのあともどんどんと速いペースで残量がなくなっていきます。

 

バッテリーの残量が25%を切るまでにわずか、3分19秒しかかかりませんでした。Blackmagic Designのマニュアルでは、フル充電のバッテリーならば80分は持つとのことです。さすがに交換表示が出てるまでに3分ちょっとでは問題ですね。

 

このまま続けていくと、残り10%になるまでに5分38秒かかりました。

 

ここまでの結論から言って、バッテリーの残りが10%になるまでに5〜6分しかかからないと大切な撮影のカメラのバッテリーとしては心許ないですよね。

 

こんな感じで、Blackmagic Video Assistを使えば、どのバッテリーが劣化しているのかがすぐにわかります。十分に充電したと思っても、寿命が近いバッテリーだと全然エネルギーが残っていません。

 

 

大切な撮影には持って行かないほうがいいでしょう。

 

まとめの前に事件発生

話が少しややこしくなるので本当はここで終わりたいのですが、ちょっと意外な結果が出てしまったのでお話だけしておきますね。

 

残りのバッテリーが10%になるまでに、5分38秒しかかからなかったんですが、バッテリーが0%になって本体の電源が消えるまでに、なんと33分43秒もかかりました。

 

どの数字に信憑性があるのか、ちょっとわからなくなってしまいましたね。

個人的には、このバッテリーは寿命がきていると見て、大切な撮影には持っていかないと思います。

 

他の方法で簡単にバッテリーの寿命がわかるならば、その方法と合わせての判断すると思いますが、いま知っているのはこの方法しかないですね。

 

どちらにせよ、バッテリーが33分しか持たないのであれば寿命でしょうね。

 

まとめ

これまでは、LP-E6バッテリーがどれくらいで寿命なのかいまいち分からなかったですよね。でもこれからは、Blackmagic Video Assistがあれば、明確に劣化していることがわかると思います。

 

大切な撮影に持って行ったバッテリーがすでに寿命がきているものだったら、もうどうすることもできませんよね。これでどのバッテリーが安心できるバッテリーなのかを確認して見てください。

 

機会があれば試して見てくださいね。

スポンサーリンク







-Blackmagic

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

隠れた使い方 – Blackmagic Video Assist

スポンサーリンク 目次1 Blackmagic Video Assistは本当はもっと使える2 Blackmagic Video Assistの4つの使い方2.1 みんなが知っている2つの使い方2.2 …

フォーカスアシストの使い方 – Blackmagic Video Assist

スポンサーリンク 目次1 Blackmagic Video Assistでは、どうやってピント調整ができるの?1.1 ピントがずれてる!ボケ味が出るカメラの落とし穴1.2 Blackmagic Vid …

Blackmagic Video Assist – 録画ボタンが押せない!

  スポンサーリンク 目次1 なぜ録画ボタンが押せないの?1.1 この記事はこんな人には役立つかも!1.2 Blackmagic Video Assistを買ってみたけど録画できない!1.2 …

Blackmagic Video Assist – 24pで録画できない!

Blackmagic Video Assistをカメラに接続しても1080p 59.93としか表示されません。24pで撮影した動画を24pで記録するにはどうすれば良いですか? Blackmagic V …

Blackmagic Video Assistに使うバッテリーについて

  スポンサーリンク 目次1 Blackmagic Video Assistに使うバッテリーについて知っておきたいこと1.1 バッテリーに関する4つの質問1.1.1 「Blackmagic …

アーカイブ

カテゴリー