カメラ

APS-Cから、マイクロフォーサーズにカメラを変えるとどうなるの?

投稿日:

最近は、パナソニックから出ているLumix GH5とかGH5sなんかが、映像制作をするのに世界的にみても人気がありますね。

 

マイクロフォーサーズが何かがわかったので、APS-Cのキャノンの一眼レフと比べるとどういうことが違うのか調べてみました

 

僕は仕事で映像制作をしているのですが、2014年に買ったAPS-CセンサーのCanon 7D Mark2から別のカメラに変えたいなと思っています。

 

予算が思いっきり限られているので、いつも何か新しいものを買うときには、ものすごくリサーチします。

 

今回もどんなことがわかったのかを記録しておきたいと思います。

 



スポンサーリンク

APS-Cとマイクロフォーサーズのちがいは?

まず、APS-CのCanon 7D Mark2マイクロフォーサーズのLumix GH5を比べると、圧倒的にGH5の方が魅力があります。

 

GH5はまだ新しいので当たり前のことかもしれません。

 

4Kで撮影できること、ボディ内手ぶれ補正があること、そして、120FPSでの撮影ができるのでスローモーションが撮影できることなどです。

 

スローモーションは、映像に入るとかっこいいですよね。

 

でも、もうちょっと本質的な違いはなんでしょうか?

 

センサーサイズの基礎知識

APS-Cもマイクロフォーサーズもカメラのセンサーのことです。

 

カメラのセンサーは一眼レフの中では3つあります。

 

残りの一つは、フルフレームというセンサーもありますね。

 

僕がすぐにピンとくるのは、フルフレームはCanon 5Dシリーズ、APS-CはCanon 7DシリーズやKissシリーズ、そしてマイクロフォーサーズは、今回興味があるLumix GHシリーズです。

 

フルフレームはセンサーが一番大きく、次にAPS-C、そしてマイクロフォーサーズという風に大きさが小さくなります。

 

センサーサイズの違いで知っておくこと

マイクロフォーサーズは暗いところでの撮影が苦手

センサーのサイズが大きい方が、光を多く集めることができます。

 

明るい日中だけしかカメラを使わないのであればAPS-Cでも、マイクロフォーサーズでも変わりがないのですが、夜などの光が少ない環境だとその差は歴然です。

 

一眼レフで動画を撮影するときの魅力のひとつに、暗いところで撮影しても、ものすごくきれいに映像が撮れるという特徴があります。

 

そこが、マイクロフォーサーズの弱点みたいです。

 

ISOを上げていくと、すぐにノイズが出てしまうのであれば、ちょっと買うかどうか躊躇してしまいます。

 

クロップセンサーなので焦点距離を考える

APS-Cカメラも、マイクロフォーサーズのカメラもクロップセンサーと呼ばれるものです。

 

イメージとしては、スマホで写真を撮影しているときの画角と、動画を撮影するときの画角が違うのって気がつきますか?

 

写真から動画撮影にモードを切り替えると、iPhoneだと同じ場所に立っているのに1段階ズームしたような画角になるはずです。

 

それが、クロップセンサーと同じ仕組みです。

 

APS-Cの焦点距離は、レンズに1.5をかけると出てきます。

 

同じようにマイクロフォーサーズの焦点距離は、レンズに2をかけると出ます。

 

具体的に言うと、フルフレームで使った50mmのレンズは、APS-Cでは75mmのレンズになり、マイクロフォーサーズでは2倍になるので100mmとなります。

 

これは結構大きな差ですね。

 

同じ場所で、同じ焦点距離のレンズを使っても全然見える景色が違うということは、買う前に知っておいたほうがいいです。

 

オートフォーカスの違いも

僕は動画撮影なので、ほとんどオートフォーカスを使いません。

 

でも、このオートフォーカス機能がキャノンのカメラとパナソニックのカメラでは、大きな差になっているようです。

 

キャノンに比べると、パナソニックではオートフォーカスが弱いです。

 

GH5やGH5sのオートフォーカスがダメというよりは、キャノンのカメラのオートフォーカスが良すぎるという感じでしょうね。

 

使えるレンズのバリエーション

パナソニックのレンズも最近はいいものが増えてきたようですが、それでもキャノンのレンズのバリエーションには敵わないです。

 

カメラボディだけではなく、レンズも買うことが一眼レフでの動画撮影には重要なので、値段が手頃だけど性能がいいレンズが必要です。

 

お金がたくさんある人は、そんなことを考えなくてもいいんでしょうが、ボディを買うのにこれだけ悩んでいるので、レンズを買うお金はありません。

 

シグマ、トキナー、タムロン、ロキノンなんかのサードパーティと言われるレンズを使うならば、まだキャノンのカメラがいいですね。

 

マウントアダプターであるスピードブースターをつければいいのですが、それも10万円くらいなので財政的には悩みどころです。

 

まとめ

理想のカメラというのは、なかなか存在しないものですね。

 

いいところもあれば、悪いところもあって、それとどう付き合っていくのかを考えることがカメラ選びの本質のような気がしてきました。

 

もう少し調査を続けて、どれを買うかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク







-カメラ
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミラーレス一眼の「マイクロフォーサーズ」とは?

最近は、パナソニックやオリンパスのミラーレス一眼で動画を撮るのが流行っていますね。   特に、Lumix GH5とかGH5sなんかの動画を見ていると、ものすごくきれいだなーと感心してしまいま …

Canonの一眼レフからPanasonic GH5sに乗り換えるときに考えるお金のこと。

僕は、2011年からCanonの一眼レフで映像制作をしていて、これまでにCanon 7DやKiss X5、そして2014年からはCanon 7D Mark2を使っています。 そろそろカメラを新しくした …

立ち会い出産での撮影、絶対に失敗しないための3つのこと

出産を間近に控えて、新しい家族ができる楽しみと、本当に生まれてきてくれるのかなという不安な気持ちが入り混じっていますよね。   最近では、立ち会い出産を選ぶ夫婦が多いようで、新米パパは奥さん …

立ち会い出産で動画撮影、5万円くらいで買えるおすすめカメラは?

立ち会い出産で撮影するならば、小回りのきく、小さくて、軽いカメラが絶対にオススメです。   その中でも、ポケットに入るくらいのハイエンドコンデジ(高級コンデジ)は、画質が一眼レフくらいきれい …

XLとUltraの違い。GH5sにはどっちのSpeed Boosterがいいの?

Canonの一眼レフから、Panasonic GH5とか、最近出たGH5sに乗り換えを考えている人は多いですよね。僕も、その中の一人です。   カメラのボディを変えてしまうと、これまで買って …

アーカイブ

カテゴリー